印刷の加工技術とは

印刷物のUV加工について

トップ

ボルトで興奮する

uv加工による印刷とは 

紫外線を照射する事で、乾燥及び硬化するインキの事をUVインキと呼びます。そしてこのUVインキを使う印刷では、裏移りがなく、素材を選ばないというメリットがあります。硬化は瞬間的に行われるので、プラスチックや塩ビ、フィルムといった非吸収素材でも問題なく印刷が行えます。また、瞬間的に硬化が行われる分、乾燥時間が短時間となるので、納期を短く出来るというメリットもあります。さらに、uv加工によって表面が強くなっているので、多少の摩擦に負ける心配もない上に、擦れても色落ちしません。このように、UVインキはとてもメリットが豊富です。

uv加工を行うメリット 

印刷物にuv加工を行うメリットとはどのようなことなのでしょうか。条件によっても異なるのですが、紫外線によって、劣化をしてしまうことがあります。特に長期間、紫外線にさらされるようなことがあった場合には、色あせてしまうので、特殊な加工をして色あせを防止するのです。そのような印刷の特殊技術もあり、実際に利用をしているところもあります。屋外に設置をするようなものの場合には、できるだけ色あせをしないような加工をすることも必要となってくるのです。看板などに加工をすることがあり、そうすることで長持ちさせることが可能となります。

印刷と紫外線の情報

  • 印刷の見積利をする
  • チラシ印刷の効果
  • 封筒を印刷する技術
  • 新着情報

    © Copyright 印刷物のUV加工について. All rights reserved.